種類によって異なる特徴

パスポート

香港で発行しているビザには複数の種類があります。香港で働きたい人が取得する必要があるのが就労ビザで、就労に関するものだけでも2つの種類があります。一つは通常のタイプのもので、現地にある会社に雇用されている人などが主に取得しています。長期間にわたって働くことができるのが特徴で、申請をする人だけでなく、雇用する企業も審査を受ける必要があります。香港では短期間だけ働きたい人のためのビザも発行していますが、働く仕事の内容によって必要になるかどうかが違っています。香港では投資家のためのビザも発行していて、これは現地の法人の株式を取得するために必要になるものです。その他に、香港で働いている人の家族を対象としたビザも発行しています。

長期間所持することで獲得できる永住権

パネル操作

香港でビザを取得する予定のある人が知っておいた方が良いのが、ビザを長期間所有することで、永住権を獲得できるメリットがあることです。仕事を辞めた後も現地で暮らすことを考えている人は、永住権を取得しておいた方が、毎回ビザの更新を毎回しなくても良いので便利です。永住権を取得するためには、最低でもビザを7年間継続して取得する必要があり、永住権を取得すれば仕事に関する制約なども緩和されるので、さらに暮らしやすくなるのがメリットです。社会保障を受けられるようになることも永住権を取得するメリットですが、気をつけなければいけないのは失効する場合もあることです。香港から離れた場所で一定期間暮らしていると自動的に永住権がなくなるので、旅行などをするときには注意が必要です。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中