HOME>トピックス>目的があればきちんと事前にその目的に応じて取得すること

目的別になっている

香港は中国のゲート口としても注目されている国際的な都市ですが、香港を訪れる際には目的に応じた適切な種類のビザが必要と言えます。ビザはその国に滞在することを許可するための許可証で、仕事などで香港に長期滞在をしたり、留学などの学業で一定期間過ごしたりする場合にはビザを取得し、合法的に滞在することが必要とされています。これは他の国にも通じることで、他国に滞在するためにはその国のルールに従って、滞在する目的に応じて必要とされるビザを事前に取得してから滞在することが必要です。

事前に手続きをする

香港でもビザが必要とされる場合、香港に行く前に自国で必要なビザの申請を行い、ビザを取得してから出国する必要があります。いろいろな目的に応じて必要なビザが決められており、自国でネットなどで申し込む事が出来たり、郵送などで手続きを進めたりすることが可能になっています。大切なポイントは滞在の種類に応じて必要とされるビザを取得しておくことです。この手続きを済まさずにその国に行っても、滞在日数が少なくなってしまったり、本来の目的に沿った滞在ができなくなったりしてしまいますので、ちゃんと注意しておく必要があります。

広告募集中